読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「昔ながらの街の中心」にそんな求心力はありません

武蔵小杉からマックが消えた ー タワマン林立で賃料もランチも上がる (BUSINESS INSIDER JAPAN) - Yahoo!ニュース

"昔ながらの街の中心となっている通りは、駅前が再開発されても、人の流れは変わらない"そんなわけない。アリオが出来て亀有の人の流れがどれだけ変わったことか

2017/04/17 10:28

上記のコメントをしました。 亀有の地図は下記になります。

f:id:chihodoko:20170417204715p:plain

亀有アリオは、駅から400メートルほど離れているので、厳密には駅前とはいえないかもしれませんが、地図上に赤線で示した、駅とアリオを結ぶ通りの人の流れの方が、青線で示した「亀有銀座商店街」の人の流れより多いです。

駅前の大規模再開発によって、旧来の街の中心が取って代わられた例としては、ちょっと反則気味ですが、押上がそれなりに話題になりました。

f:id:chihodoko:20170417205323p:plain

news.mynavi.jp

スカイツリータウン内の大規模商業施設に客が取られ、近くの商店街が大打撃を受けたという記事です。

このように、大規模な再開発があれば、旧来の街があっという間に求心力を失うことなど、全く珍しくありません。

また、人の流れが変わらない例とされている武蔵小山と戸越銀座ですが、そもそも武蔵小山の方は、まだ再開発が完了していないようです。

www.musashikoyama-palm.com

上記記事によると、再開発の目玉である武蔵小山パルム駅前地区の開発が完了するのは、2019年のようです。 戸越銀座の方は、調べても駅舎のリニューアルぐらいしか再開発のニュースが無かったので、人の流れが変わらないのも当然といえます。

現在価値があるとされているものが、将来にわたってもその価値を保ち続けるということは、当たり前のことでは無く、むしろ新しいものに取って代わられる方がよくあることなのです。

新・都市論TOKYO (集英社新書 426B)

新・都市論TOKYO (集英社新書 426B)

「地域ブランド調査」という無意味な調査について

毎年、株式会社ブランド総合研究所が出している地域ブランド調査の2016年版が発表されました

毎年発表する度にニュースなどでそれなりに取り上げられていますが、 はっきり言って、特に考察に値するほどの情報がとれているとは思いません。

市区町村の魅力度第一位は3年連続で函館市だそうです。 なるほど、確かに函館は夜景もキレイそうだし、食べ物もおいしそうで、北海道新幹線の開業もあり、多くの人にとって良いイメージの市でしょう。

しかし、その実態はすさまじい勢いで人口が減り続け、2014年からは市域の全てが過疎地域と判断される、過疎市町村と認定されています。

f:id:chihodoko:20161019165916p:plain Wikipediaからの引用ですが、函館の人口は、上記のように1980年をピークに下がり続け、 住民基本台帳ベースでは2016年9月に266,139人と、 ピーク時の3/4程にまで減少しています。

アンケートに答える人は、その地域の現状をきちんと意識することなく、 なんとなくのイメージで答えるのでこのような結果になっているのでしょうが、 「地域ブランド調査」で上位になったからといって、自治体にとっては何ら安心できる要素は無く、 この調査には、人々の雑な地域イメージを再確認させられます。

ことりっぷ 函館

ことりっぷ 函館

限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)

限界集落の真実―過疎の村は消えるか? (ちくま新書)

都道府県単位で考えることの限界

長く慣れ親しんでいるためか、日本人は都道府県単位で物事を考えるのが大好きです。 出身地の話になった時に、多くの人はどこの都道府県出身かを話します(横浜、名古屋、神戸の場合は市の名前を(出身の市では無くても)話す人が多そうですが・・・)。

しかし、都道府県という単位は1890年以降100年以上にわたってほとんど変更されておらず、現在の社会情勢を判断するには必ずしも適切だとは思いません。

www3.nhk.or.jp

先日このような発表がなされ、東京圏では人口の集中が続いているが、大阪・名古屋圏では人口が減少していると話題になりました。

しかし、この発表は東京圏を「東京・神奈川・埼玉・千葉」、「大阪圏」を「大阪・兵庫・京都・奈良」、「名古屋圏」を「愛知・岐阜・三重」と県単位でおおざっぱに分けており、必ずしも正しく分析できているとは思えません。(市区町村毎まで分析するのは手間が増えるので、都道府県で大まかな概要をつかみたいという意図はわかりますが)

こちらの資料に調査結果の要約が書かれていますが、その2ページ目に転入・転出のそれぞれ上位20自治体が記載されています。

それによると、「大阪圏」では転入上位に大阪市吹田市京都市豊中市と4つの自治体が含まれていますが、一方で転出上位にも寝屋川市東大阪市、牧方市、宇治市河内長野市と5つの自治体が含まれています。

トータルでは転出超過となった「大阪圏」ですが、大阪市は東京特別区部に次ぐ2位の転入超過数ですし、北に隣接する吹田市豊中市でも転入超過上位です。

要するに、日本全体の人口が減少する中で、大都市に近い自治体でも必ずしも転入超過は見込めず、地域内で条件のよい所との取り合いとなっているということです。

現に「東京圏」に含まれる横須賀市は転出超過数が2位ですし、福岡県には転入超過3位の福岡市と、転出超過1位の北九州市があるわけです。

市区町村毎の詳しい転入出の情況はこちらで確認できますが、東京都でも西部の東村山市武蔵村山市福生市羽村市などでは転出が超過していますし、必ずしも人口が増えているわけではありません。

市区町村まで細かく分析するのに手間がかかるのはわかりますが、もう少し丁寧に考える必要があります。

日本の少子化 百年の迷走: 人口をめぐる「静かなる戦争」 (新潮選書)

日本の少子化 百年の迷走: 人口をめぐる「静かなる戦争」 (新潮選書)

人口蒸発「5000万人国家」日本の衝撃──人口問題民間臨調 調査・報告書

人口蒸発「5000万人国家」日本の衝撃──人口問題民間臨調 調査・報告書

「消滅可能性都市」という意味不明の用語

business.nikkeibp.co.jp

少し前に話題となっていた、「消滅可能性都市」ですが、話題性を得るために多少強い言葉を使っただけの中身の無い用語だなと常々感じていたので、少し整理します。

そもそも消滅可能性都市とは

「日本創成会議」人口減少問題検討分科会が2014年5月に発表し、「日本創成会議」座長・増田寛也氏の著書「 地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書) 」でも紹介された用語です。

その定義は「2040年までに20〜39歳の若年女性の人口が2010年比で50%以上減少する自治体」とのことです。

該当する自治体は896市町村におよび、過疎地域だけで無く、東京都豊島区も該当するということで、一部で話題となりました。

(該当する自治体の一覧はこちら→http://www.policycouncil.jp/pdf/prop03/prop03_2_1.pdf

なぜ20〜39歳の「女性」なのか

まずその定義からおかしい部分がここで、男性と女性でそこまで有意に人口動態に差が無いのであれば、「女性」にこだわる必然性があるとは思えません。

それなのに若年の女性の人口動態のみに着目するのは、それこそ、いつぞや批判された、女性を「産む機械」としてとらえているだけにしか思えません。

ただ、この定義自体を問題視している人は自分の観測している範囲ではほぼ見当たりません。 東京大学本田由紀教授がツイッターでつぶやいていたのを見た記憶があるぐらいです。

なにが消滅するのか

この用語が話題になった要因として、「消滅可能性」というショッキングな言葉を使用していることがあげられるでしょう。

ただ、自治体が消滅するとはどういったことでしょうか?そんなことがありえるのでしょうか?

それについては、おおむね下記ブログ記事で木下斉氏が述べているように、単に人口減や老齢人口比率の増加によって自治体経営が破綻するという、ずいぶん前から言われていることに過ぎません。

blog.revitalization.jp

こんなことは、ほとんどの自治体は言われるまでも無く認識していることでしょうから、いまさら言うまでもありません。

それなのに「消滅可能性都市」は2014年の流行語大賞候補にも選ばれたとのことですから、いかに人々がラベリングに弱いか、ということが実感されます。

豊島区が含まれるのはなにを意味するのか

この用語が話題になったもう一つの要因として、いわゆる「地方」の自治体だけではなく、東京都豊島区も含まれていたことです。ただ、豊島区の若年女性が減少している原因は「地方」の自治体の減少と同様の理由なのでしょうか?

(自治体一覧再掲http://www.policycouncil.jp/pdf/prop03/prop03_2_1.pdf

上記の資料で確認すると、多くの「消滅可能性都市」は「人口移動が収束しない場合」の方が若年女性人口変化率のマイナスが大きいのに対し、豊島区は「人口移動が収束しない場合」の方がマイナスの推計が小さいです。

これは、要するに人口が流出する自治体では「人口移動が収束しない場合」の方が若年女性の流出が大きくなるためマイナスが大きくなるのに対し、人口を吸収する自治体では、「人口移動が収束しない場合」の方が若年女性の流入が大きくなりマイナスが小さくなるためです。

「人口移動が収束する」社人研推計の場合、豊島区だけで無く、「渋谷区」「中野区」「杉並区」の若年女性人口変化率も-50%を超えます。(どうせ話題作りなら、こっちの自治体の名前も出せば良かったのにね・・・渋谷区が入っていることでよりセンセーショナルになっただろうに)

そもそも、「若年女性」にこだわっていた原因は、「消滅可能性都市」に当てはまる自治体は、社会増の望めない(他の地域からの人口流入がない)ため、自治体が自然増に頼るしかないと考えていたためでしょう。

それなのに、人口移動が活性化した方が人口増加の望める、すなはち社会増の望める地域まで同じ尺度で「消滅可能性都市」としてしまうのは、その定義から破綻してしまっているように見えます。

人口推計は妥当か

豊島区で若年女性の人口が減少する原因として 狭小住戸集合住宅税(通称「ワンルームマンション税」)|豊島区公式ホームページという施策を行っていることが考えられます。

豊島区の人口動態https://www.city.toshima.lg.jp/373/kuse/shingi/kaigichiran/005922/documents/26dai1-siryou1-10_2.pdfを見ても、年齢区分は年少(0〜14)生産年齢(15〜64)老齢(65〜)といった大きなくくりなので、この条例の効果があったのかはよくわかりませんが、2013年に人口がグンと増えているため、この段階で2010年を元にした人口の推計は破綻している可能性があります。(しかし一年で4%も人口が増えるとは・・・再開発は恐ろしいです)

まとめ

「消滅可能性都市」は話題をとるためだけの、ろくな分析もない乱暴な印象論に過ぎないと考えます。

ただし、こんな言葉に関係なく、多くの自治体は今後の人口減少によりその経営について悩まされていくことでしょう。

地方消滅の罠: 「増田レポート」と人口減少社会の正体 (ちくま新書)

地方消滅の罠: 「増田レポート」と人口減少社会の正体 (ちくま新書)

地方消滅論・地方創生政策を問う (地域と自治体)

地方消滅論・地方創生政策を問う (地域と自治体)

  • 作者: 岡田知弘,榊原秀訓,永山利和
  • 出版社/メーカー: 自治体研究社
  • 発売日: 2015/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

BrackBerry Privを購入しました

少し前になりますが、BrackBerry初のAndroid端末BrackBerry Priv を購入しました。

f:id:chihodoko:20151225012651j:plain

expansysで約98,000円でした。(まだ関税の請求は来ていません) 他の同程度のスペックのスマートフォンと比べると、やはり2〜3万円は割高です。

f:id:chihodoko:20151225013351j:plain

その主な原因は、やはり今では絶滅危惧種となってしまった、この物理キーボードでしょう。

キーボードの使用感ですが、以前使用していた、L-04Cという横スライドの物理キーボード付きの機種と比べると、Privのキーボードはタッチ感が弱く、ちょっと安っぽい感覚を覚えました。 (L-04Cは5000円で投げ売りされていたのを購入したので、価格は20倍くらいなのに・・・)

しかい、使用しているうちに、Privのキーボードのソフトな感じも疲れにくく、これはこれでいいのかな、と思い直しました。

f:id:chihodoko:20151225013813j:plain

日本語入力も特に問題なく可能です。

ただし、私はATOK Passportを使用しているのですが、ATOKを使用している状態で入力欄にカーソルを合わせると、上記の画像のように、ソフトキーボードも表示されてしまいます。

この点については、物理キーボードのキーを押せば消えるので特に大きな問題ではないです。

少し気になるのは、日本語と英語の切り替えにAlt+スペースキーを使用するのですが、Altを押したときの数字・記号入力のロックが切り替え後も有効になってしまっているため、切り替え後最初の入力が数字・記号状態になってしまうことです。これはPro版のATOK Passportでは発生しないそうなのですが・・・

また、縦スライドを採用している関係で、カーソルキーがなくなっているので、キーボード部分のスワイプでカーソルが動かせるようになって欲しいです。(Privはキーボード部分もタッチセンサーになっていて、キーボードのスワイプで画面スクロールなどを行えます)

f:id:chihodoko:20151225015923j:plain

左右のエッジスクリーンですが、思ったよりペゼルが太く、ディスプレイ部分でカーブしている部分はわずかなので、コンテンツの視認性には問題ありません。スクリーンの端からスワイプしてランチャーを出すSwipePadなどは、エッジのおかげで使いやすくなった気がします。

総じて独自性をもった良い端末だと思います。価格が高いので、値段分の価値があるかというと微妙ですが・・・。

音沙汰がないですが、日本でも(fox)https://foxinc.jp/blackberry/が販売を計画しているらしいので、そのうち技的も適用されることでしょう。

繁華街と住宅地の区別がつかない人たち

東京人生ゲーム:25歳総合商社勤務の男が選ぶ街「渋谷」。高校時代から感じ続けた敗北感。(1/2)[東京カレンダー]

結局レストラン紹介が目的(一応)なので、価値観が画一的でおよそ生活感のないポエムにしかなっていない。この手のメディア関係の人は、まず繁華街と住宅地の区別をつけられるようになった方がいいよ。

2015/11/15 16:28

中沢明子/速水健朗 “何もない”埼玉にある「マス消費」と「高感度消費」の絶妙なバランス<「埼玉」からみえる地方と消費のゆくえ> - 幻冬舎plus

この人たちは都市や郊外というより、繁華街と住宅地の区別がついていないのでは

2015/11/04 13:19

このようなブックマークコメントをしましたが、 どうもこの手のメディア関係の人たちの中には、繁華街と住宅地の区別がきちんとついていない人が大勢いるような気がします。 そして、おそらくこのような認識を持ってしまう人のほとんどは単身者でしょう。

単身だと、確かに繁華街と住宅地の差はそれほど意識しなくてもいいかもしれません。 繁華街とはいっても、単身者向けの物件はむしろ郊外の住宅地より充実していることが多く、 広さなどに目をつぶれば家賃もそれほど高くなるわけではないでしょう。 それであれば、職場にも近く、遊ぶ場所も豊富な繁華街の近くに住むことには、 それなりに合理性があります。

ただ、家族を持つとなると、話はかなり変わってきます。 家の広さによる家賃の上昇や、子どもの教育などを考えると、 繁華街の近くに住むことの優位性が薄れてくるわけです。

しかし、東京圏において繁華街から少し離れたところに住む理由として大きいのが、 東京には大きな繁華街がいくつもあるので、一つの繁華街に住んだところで、 他の繁華街に行くためには、結局移動しなければならないというのが大きいです。

吉祥寺がずっと胡散臭い住みたい街ランキングで一位なのも、 下北沢が若い人に人気なのも 街自体の魅力もさることながら、新宿、渋谷という繁華街に 電車一本で行けるというのが評価されてのことです。

人の価値観の違いとか、生活する上での事情だとかが理解できず、 消費至上主義のような価値観に凝り固まった人が 住む場所としてやたら繁華街を(生活の実感なく)進めているのでしょう。

安易な東京論を述べる人は東京の巨大さを理解しているのだろうか

東京では〜地方では〜みたいな論を述べる人をよく見かけます。 (これとかこれとか)

ただ、こういった論で語られている東京は、おしゃれな繁華街であったり、サブカルチャーの聖地のみを指して東京と言っているだけで、「東京」全体の本当の姿を捉えられていないような気がします。 (だから、「地方」との対比において、的外れな印象を受ける)

そもそも、まず、東京はその面積が巨大です。 東京23区の面積は、623平方kmで、大阪市の3倍近く、名古屋市の2倍近くの面積があります。

もちろん、単に巨大な市であれば、平成の大合併で誕生した岐阜県高山市(2178平方km!)のようなはるかに巨大な市もありますが、ほぼ全域が市街地の市としては、破格の広さです。

なぜこんなに広いのかというと、例によって合併したからです。

1878年に制定された東京市の範囲は下記の範囲でした。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/f/f7/%E6%9D%B1%E4%BA%AC15%E5%8C%BA1878%E5%B9%B4.png

現在の区でいうと、千代田区・中央区・港区・文京区・台東区と、新宿区・墨田区江東区の一部の範囲になります。 現在の東京を象徴する、新宿・渋谷・池袋の副都心は、東京市の範囲に含まれておらず、南豊島郡淀橋町などでした。 当時の東京市の面積は90平方kmほどのようだったので、現在の7分の1程度の広さだったことになります。

それが、1932年、1936年に周辺の市町村を合併し、現在の大きさになったわけです。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/6f/Tokio_Eingemeindungen_1932-1936.png/800px-Tokio_Eingemeindungen_1932-1936.png

こうして生まれた東京都区部には当然のことながら、多くの人がイメージする東京の代表的な街だけでなく、様々な地域があります。 例えば上記の地図でいうと、足立区花畑、葛飾区水元などは、最寄り駅まで徒歩1時間以上かかりそうな地域を含んでいます。

東京だと消耗する〜と語っている人が、この地域のことをよく知っているとはとても思えませんし、新しくできた大田区城南島について詳しく知っている人もほとんどいないでしょう。

地方では東京と違ってマイルドヤンキーが〜みたいなことをいう人もしばしば見かける気がしますが、そもそもマイルドヤンキーの名ずけ親であるヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 (幻冬舎新書) の中で、練馬区大泉町あたりに住んでいて、新宿よりも地元が落ち着いて、仲間と車でお台場に行くのが一番の楽しみという人がマイルドヤンキーとして紹介されていたはずです(随分前に読んだので記憶があやふやですが)。

さらに範囲を東京都全域に広げると、その中には奥多摩島嶼部も含まれますし、範囲を首都圏まで広げると(そもそもどこまでを首都圏とみなすかにもよりますが)様々な都市や自然環境を持つ自治体を含むわけです。

各地では、それぞれ開発(あるいは過疎化による商店街のシャッター化なども)が行われ、その姿を日々変化させています。 そんな中で、東京(首都圏)全域のことをよく理解している人は、まず存在しないでしょう(自分も含めて)。

東京の真の巨大さは、近隣の住宅地に住んで、繁華街をハシゴしているだけでは見えてきません。